引きこもり生活5日目(水曜)

昨日、まだ店もカフェも空いていて、街は賑わっていると書いたが、日に日に状況が変わっていっていて、あっという間に、全てのお店、レストラン、カフェが閉まることになった。公園、動物園も閉鎖だ。

ガソリンスタンド、スーパー、薬局、銀行のみが営業できる。

本当に、どうなってしまうのだろう。見えないウイルスに怯える日々。

とはいえ、今朝は学校からの宿題を終えたあと、パスタサラダ、アボカドディップ、バゲットなどを自転車に詰めて、近くの芝生までピクニックに出かけた。もしかしたら、こんなこと、もうしたらいけないのかな?と思ったけど、そこまでは制限されていない。思ったより肌寒かったけど、やっぱり、こういうことでもしないと、気が滅入る。

家に戻ってからも、庭仕事をして、友達とひたすらワッツアップ(こっちのラインのようなもの)でやりとりした。みんなコンタクトに餓えている。近々オンラインで飲み会をしようと盛り上がった。本当、会えないって辛い。わたしは、家で大人が一人なので、本当に気が滅入る。

あ。今朝、少しだけスーパーに行ったら「できればカードで支払ってほしい」と言われた。コロナ以来、こちらでは手袋をするレジの人が増えたが、それでも、接触を避けるために、現金のやりとりではなく、カード支払いを推奨する政府の意向らしい。本当に徹底している。

書き忘れていたが、もちろん、ダンススクールも休校。パーティーは延期だと言われたけど、中止になってもおかしくない。先が見えない。おじさんとは時々ワッツアップでメッセージをやりとりしている。告白の返事はしていない。多分、断るだろう。こういう騒動の最中に心が動かない、ということは、わたしはやっぱり好きでは好きではないのだろうから。

長男がわたしに聞いてきた。「ママの小さい時とかにも、こういうことあった?」

「いや、こんな経験本当に初めてのことだよ」

同じ質問を電話で義母にもしていたが、義母も「長く生きてきたけど、こんな経験をしたのは初めてだ」と答えたらしい。

歴史に残るような一大事の真っ只中にいる。亡くなった夫はこのコロナ騒動のことも知らない。夫が知らないことが増えていく。私一人で経験することが増えていく。

投稿者: shibetsusingle

イギリスで30代で未亡人になり、その後、夫の故郷のドイツに移住。4人の子供を育てる死別シングルママです。

「引きこもり生活5日目(水曜)」への4件のフィードバック

  1. コメントは初めてですが、読ませていただいています。
    今日のポストにふと思ったこと…
    「夫が知らないことが増えていく…」と書かれていた。この騒動は知らないとも…

    でも私は思うのです。ご主人は今天の国におられる。この地上での肉体を捨てただけで、今度こそ神さまのみもとで永遠の命を生きておられる。あなたさまとともにおられます。今のこともすべて心ですべてを理解し、あなたさまとともに経験されていると思います…

    私は夫は亡くしていませんが、日々、先に逝った父母に話しかける。そしてときどき、夜中に泣きながら彼らのことを考えていたり、あるいは、自分のつらいことを訴えているときに、圧倒的思いで、彼らが私のことを愛していて、それを知らせてくれていることを感じるのです。。それは心で神と対話しているときに、ときに感じる圧倒的なパワーと似ています。たしかに彼らが永遠の命を生きていることを感じる瞬間です。

    彼らは生きています。あなたさまのご主人も…
    どうか、一人ではない。けっして、孤独ではないのだ、と。
    こんな言葉はうつろに聞こえますか? 他人はなんとでも言うよ…と気分を害されたらどうしようと、じつは少し不安なんです。
    でも同じ(?)キリストを信じる者としてどうか永遠の命と復活を信じ、日々を耐えルコとが出来ますように…と心から祈っています。

    1. Eさま
      コメントと励まし、ありがとうございます。クリスチャンなのですね。はい、私も夫は天国にいて、永遠の命と復活も信じています。夫が今でも見守ってくれているのを感じることも時々あります。きっとコロナのことも天国から見てくれているんだろうな、と落ち着いて考えれば、というか、心が穏やかなときには思えます。だけど、弱いもので、愚痴ってしまいます。あぁこのことを共有したいな、夫の声で夫の意見が聞きたいな、と思うのです。お祈りありがとうございます。

      1. 出しゃばって書いてごめんなさいね。。。
         
        でも私もそうですが、永遠の命を信じている、見ないで信じていることの恵みをよく思います。
        あなたさまとご家族のことを祈っていますね!

        そして私も昨日はオンラインのミサにあずかりましたよ。
        聖公会で教育を受け、そのご紆余曲折あり、キリスト教から離れていた時期が長かったのですが、3年前に引っ越し、ひょんなことからふたび教会に、それもカトリック教会に通い始めました。なぜかしっくりきています。。。ちなみにあなた様よりふたまわり歳以上年上の者です(笑)

        それではまた

        1. Eさま いえいえ、とんでもないです。コメント嬉しいです。私は大人になってクリスチャンになりました。いっぱい苦しいけど、信仰がなかったらもっと苦しいだろうなと思います。お祈りありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です