日本の親へマスクを送る

母親からラインがきて、ドイツにマスクがあったら送ってほしい、という。母が何かを頼むのは珍しいことだ。

試しに日本のアマゾンを見てみたら千円ちょっとで使い捨てマスクセットが数点あったが、よく見ると、送料が2万円!只事ではない。日本、毎日ニュースで読んではいるけど、大変な事になってるなと思う。

ドイツでは通常マスクをしている人を見かけることはありません。歯医者さんくらい?店頭で売っているのを見たこともないので、アマゾン見てみると、医療用など色々出てきました。50枚セットが38ユーロであったので、これを親に送ることに。

ヨーロッパ各地、特にパリではアジア人差別が酷くなってきているとか。悲しいことです。

わたしの住んでいるところは小さな地方都市で今のところ差別や冷たさを感じたことはないです。先週日本人お友達の送別会でイタリアンレストランで日本人15人集まって騒いだけど、いつも通りのフレンドリーさでした。お店の人も周りのお客さんも。

今日はカーニバルパレード。もうすぐお出かけです。

こちらはまだまだ通常生活ですが、色々な行事のキャンセルが続く日本のことを思うと、心痛いです。

早く治まりますように。ワクチン開発など進みますように。

投稿者: shibetsusingle

イギリスで30代で未亡人になり、その後、夫の故郷のドイツに移住。4人の子供を育てる死別シングルママです。

「日本の親へマスクを送る」への2件のフィードバック

  1. こんにちは。
    私も30代で国際結婚をして、ふたり目の子供を生んだ年に主人の病気が分かり、約9年間の結婚生活の半分以上が闘病でした。そして、2年前に未亡人になりました。
    貴方のブログで、共感出来る事が多く、そして主人を思い出しては涙してしまいました。
    御主人のお墓のお話の中での虹、私の主人が亡くなった次の日の朝、私も虹を見たのです。子供達が主人に最後のお別れを言ったホスピスの帰りでした。それから私達にとって、虹は特別なもの(=ダディ)です。
    悲しいけれど、とても素敵な偶然だな….と思いました。

  2. Mさま
    コメントありがとうございます。結婚生活の半分以上が闘病生活だったとのこと、小さなお子さまたちを抱えて看病しホスピスに通う辛さ寂しさを想像しました。突然死とはまた違った思いもあることと思います。
    虹、ほんとうに。。。それが残されたご家族にとって特別なものであるのは、悲しいけど救いでもありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です