浮気されても慰謝料のないドイツ

浮気や不倫報道が日本のニュースで頻繁に取り上げられています。

幸い、亡くなった夫は女性にモテるタイプではなかったし(!)12年間の短い結婚生活の中で、私たちの中で、浮気疑惑やそれによる喧嘩などは一度もなかったです。

でも、子どもの年齢が上がるにつれ、私の周囲でも、浮気、そしてそこからの離婚を選ぶドイツ人夫婦、イギリス人夫婦、日本人との国際結婚夫婦がちらほら出てくるようになりました。

驚くことに、ドイツでは離婚の際に慰謝料というものが一切ないそうです。昔は日本のように慰謝料のシステムがあったらしいのですが、他人(法廷や弁護士)が個人の心理的状態に立ち入ることは不可能だ、ということに、数年前から決まったそうなのです。

浮気をされた方にも相手を繋ぎ止めておくことができなかった、そういう相手を選んで結婚してしまった、という落ち度があるのだ、と聞いたこともあります。

冷酷です。冷酷だけど、よくよく、今現在離婚の過程にある友達の状況を聞くと、ドイツの離婚のやり方には、それなりに良い部分もあるような気もします。

紙切れ一枚で離婚なんてことは、絶対にできません。子供がいればなおさらのことです。必ず弁護士が入って、別居期間が設けられ、いろいろな質問をされ、全ての経済状況を調べ上げられ、子供の養育権、養育費、どのくらいの頻度でどちらの親と時間を過ごすのか、将来の年金の分割の割合などなど、こと細かに決められるようです。

寝室が別になったら、気持ちがお互いになくなったら、結婚カウンセリングやセラピーでもお互いの関係が良くならなかったら、他に好きな人ができてしまったら、気持ちに正直に動くドイツ人。

もちろん、周りはショックを受けます。子供のことを考え、別れを切り出された方の心情を思いやり、みんなショックで周りは心を痛めます。でも、そのあとは、段階を踏んで離婚へと進み、子供は定期的にパパとママと時間を過ごし、親の方も、シングルになったのだからと、新しいパートナーをすぐ見つけようとする人もとても多いです。

子供のクラスには、そんな保護者がちらほらと。パパとママがそれぞれ再婚して、保護者会や学校のイベントには両方の夫婦4人が、子供一人についてくるところ。パパが離婚後ゲイだと公表して、パパと新しい男性パートナーで学校にくるところ。

クリスマスやイースターにはパパの方の祖父母、ママの方の祖父母、そして、新しいそれぞれのパートナーの親戚からも誘いや集まりがあり、みんな忙しそうです。

ステップファミリー、ドイツではパッチワークファミリーと言いますが、それが本当に普通に多い。みんな心労、悲しみはあったのだろうけど、はたから見れば普通のいい家族に見えます。そして、夫婦仲がいい。子供の前でキスしたり手を繋ぐのは当たり前だし、思いやりが垣間見れます。

逆に言えば、夫婦で仲が悪いところはないのかもしれません。そうなったら、あっさり(ではないでしょうが)別居、離婚を選ぶのでしょうね。愛がなくなったらそうするのでしょう。だから、どの夫婦も喧嘩はあっても愛はあるのでしょう。

最近、ドイツ人知人に言われたひどい言葉。

「あなたは今も亡くなったご主人を想って泣いているけど、今でも普通に結婚生活が続いていたら、浮気や喧嘩や不仲が起こっていたかもしれない。他の多くの夫婦のように」

ひどいでしょ。この言葉。悪気はなかったのだろうけど。

「そういう風には考えられません。私たちは幸せに普通に結婚していたのですから」と答えることしかできませんでした。

ドイツ人ママ友で、数年前に旦那さんが若い女性を好きになり、そちらと一緒になったために離婚した友達がいます。今でも、その裏切りの辛さで涙し、セラピーをとっている彼女。

裏切られた方はずっと傷が残ります。

死別とはまた違う傷。杏さんの傷も癒される日がきますように。

コービー選手亡くなる

息子がバスケをしているので、昨夜遅くに知ったニュースはとても驚いた。まだ41歳。しかも13歳の娘さんも一緒に。

本当に人の命は儚い。

私の夫が急死した時、夫は43歳だった。私は当時妊娠中で、いま、結局娘3人と息子1人を一人で育てている。コービー選手の奥さんは、最愛の旦那さまと娘さんを亡くして、ほかの娘さん3人と暗闇を歩いていくのだ。亡くなったコービー選手、娘さんの無念さと悔しさはもちろん、残されたご家族のことを想像し、苦しくなる。

人の命は儚い。

いま、反抗期の子供たちの相手をしている。衝突したくないから、なるべく会話したくないと思うこともある。でも、家を出る時、行ってきます、行ってらっしゃいの挨拶の後には、みんな「ラブユー」とつける。

どんなに喧嘩してても、まるで気持ちが込もってないように聞こえたとしても、我が家の子供達と私は「ラブユー」と言うのだ。

夫が亡くなった日、私はつわりで寝込んでいて、バイバイは言ったけど、ちゃんと「愛してる」と見送れなかったからだ。

そのことを、子供達は知ってるか知ってないか、確認したことはないけれど、みんな「ラブユー」を頻繁に言う。

人の命は儚い。だから、家族が喧嘩しても、反抗期でも、機嫌が悪くても、結局根底では「愛してる」んだよ、と伝えたい。

夫の写真をどう飾るか

夫が亡くなった時、お葬式のパンフレット、と言うかなんて言うんだろう?これって。お葬式に来てくれた人に、式の内容、そして賛美歌の歌詞を書いたパンフレットのような小冊子を配ったのだが、その表紙のために使う夫の写真選びに随分時間をかけた。(夫の死後のことは以前にも書いたが、クリスマスがあったり、解剖があったりして、夫の遺体は長いこと冷凍庫に入れられていたので、お葬式まで2週間以上の時間があったのだ)

今考えたら、あまりのショックでおかしかったのかもしれないとおもう。不思議な精神状態。コンピューターに収まっている数千枚の写真を見返して、夫が一番よく写っているいい写真を必死で探した。涙することもなく、義務感のような責任感のような思いで、まるで仕事のように一番いい写真を探した。イギリスの家ではコンピューターはダイニングテーブルの隣にあった。私が必死で写真を探している様子を、滞在していた義理の両親と義理の弟はどんな思いで眺めていたんだろう?

お葬式のパンフレットには、夫が笑顔で写っている亡くなる1年ほど前に撮った写真を選んだ。明るすぎるほどの笑顔だ。

そして、後日、よく着ていたジーンズとセーターで写った、夫が一人笑顔で立っている写真を数枚印刷して、同じ黒の写真たてに入れた。そして、我が家に一つ、義理の両親の家に一つ、義理の弟たちにもそれぞれ一つずつあげた。皆、リビングやキッチンなど、毎日目の入るところに飾ってくれている。我が家には、その写真以外にも、子供達との写真、私との2ショットなど、他にも写真がまだまだ飾られている。以前のブログでも書いたが、自分の指の結婚指輪を見るのが辛くて、指が苦しくて、いつか外してしまったときのような気持ちを最近感じる。夫の写真が多すぎるかなとも思い始める。黒の写真たての一つだけを残して、他の写真はだんだん収納してしまうべきかな、とも思う。でも子供たちが悲しむかな、とも思う。だけど、当時のまだ小さな子供達、若くて幸せいっぱいの私の笑顔、それを見るのが辛いのも正直な気持ちだ。

私の心はアップダウンが激しい。写真を穏やかに見れる時もあれば、苦しくてどんと凹む日もある。もう毎日は泣かないけど、泣くときはお風呂でギャンギャン泣くとスッキリする、ということも体で覚えてしまった。

さぁ、写真、これからどうしようかな。増えたりして。笑

いや、増やすことは、もうないな。やっぱり一枚だけにしようかな。子供たちの部屋にそれぞれあげようかな。

悩む。

子供のお泊まり会

ドイツの学校は早く終わるので、家で過ごす時間がとても長い。習い事をそれぞれやっている子供たちだが、何も予定のない日は、お友達と遊ぶ。

ケータイを持っている上の3人の子供達は、自分たちで勝手にやりとりして、遊ぶ時間や場所を決めるが、まだ小さい末っ子は家の固定電話に電話して遊ぶ約束をとりつける。

自分の意見をはっきり言うことを求められることが多いと感じるドイツ。子供でもはっきりハキハキ電話してくる子供が多い。

「もしもし? 〇〇だけど、今日、〇〇(うちの子)と遊びたいの。そして、お泊まりもしたいの」

こういう電話もザラだ。まだ小さいので、ママに代わってもらって、話す。

「いいですよ。うちの子も遊びたがってますし、お泊まりも大丈夫です」

絶対にうちの子が、向こう様に行くのだろうという前提で、私は話している。だって、向こうから電話があったのだから。

向こうのママが言う。「あぁよかったわ。うちの子供も嬉しがってる。じゃあ、どちらの家にする?うち?それともあなたのところ?」

となる 笑。

遊びたい、泊まりたい、と言うことを尋ねられたのであって、どこで遊ぶか、泊まるかは、また別問題なのだ。

最初の方は、結構これにびっくりしたが、いまではすっかり慣れっこだ。

「今日はちょっと他の子供たちの送り迎えなどあって、忙しいから、うちでは無理だから、そちらでお願いします」とあっさりお願いすることが多い。

今夜は、でも、うちに末っ子のお友達が泊りに来ている。しかも、初めてうちに泊まりに来る子だ。

みんなしっかりしてるなーと思う。そして、うちの子供もどんどんたくましくなってるなーと感じる。

子供のお友達が来てる時は、みんな機嫌よく、兄妹喧嘩も減るから、私のストレスも少ない。今夜は一人で映画も一つ見れた。週末のちょっとした贅沢リラックス気分。

姪の結婚が決まる

夫の弟の娘の結婚が決まった。まだ大学生だけど、妊娠しているわけでもないけれど、丸5年付き合っている年上の彼にプロポーズされ、決めたらしい。

嬉しい。夫はこの姪っ子のゴッドファーザーだったから、とても可愛がっていた。嬉しい。嬉しいけど、なんか、自分が老けてしまった気持ちにもなる。

ステージが変わってしまった、といえばいいだろうか?私の世代が終わって、次の世代が華やかな人生のステージに入っていることを感じてしまった。

わがままなのかな、こんな気持ち。

私は30代で4人の子持ちシングルマザーになった。まだまだ独身だっていっぱいのこの年代に、すでに人生の1番の暗闇を経験してしまった。

どんどんどんどん自分がマイナーな部類に入ることを実感する。

あ。そういえば、友達の結婚も決まった。彼女は、私が死別したときと同じ歳。

キラキラ幸せいっぱいの彼女を見て、あぁ、私はこんなに若いときにドン底に突き落とされたんだなと思う。

やばい。嫉妬かな。いや、違うかな。焦りだと思う。

とりあえず春の結婚式に何を着ていくかなどなど、楽しいことを考えて、姪っ子と友達の幸せを一緒に喜ぼう。

ダンスコース 娘もクラスメートと

週に1度のダンスレッスンだが、行けない日があれば他の曜日に切り替えることもでき、順調にいろいろなステップを覚えてきた。パートナーのおじさんは、シフト制の仕事なので、曜日が変わることが時々あるが、なんとか合わせている。

チャチャチャ、ディスコフォックス、ワルツ、タンゴから始まって、もうすぐ私の一番好きなクイックステップも習えそうな感じだ。

途中10分の休憩があって、おじさんとビールを飲みながら世間話をする。たまには、ダンスのレッスンの後、パブにビールを飲みに行くくらいの関係にはなった。アラフィフで、20代の時に数年だけ結婚していたことがあるらしい。素直で人当たりのいいおじさんだなという印象。

さて。そして、なんとうちの長女も同じ学校で3ヶ月のダンスコースを受講することになった。ドイツでは10代の子供が一般常識、社交マナーとして、社交ダンスの基本を習うのが伝統的だそう。高校の卒業パーティーで踊れるようにする目的もあるらしい。だから、ドイツのほとんどの大人は、基本的なステップはできる。

強制ではもちろんないが、長女はクラスメートと一緒に団体で申し込んだ。ボーイフレンドなどいない娘は、クラスでも1番のおちゃらけの男子に誘われ、ペアを組んだとのこと。

3ヶ月のコースの後には、正装で、保護者も参加のダンスパーティーがあるという。たのしみだな。

こういう楽しみがあることが、私の生活でハリとなっている。週に1度の自分の時間。そして快く送り出してくれる子供達、ありがとう。

今年もどうぞよろしくお願いします

12月一度も更新することなく、2019年が終わってしまいました。謎の湿疹に悩まされ、不眠と疲れで結構大変でした。今も治ってないのですが、少しマシになってきたかもしれません。

年末年始は、夫の誕生日や私たちの結婚記念日やクリスマス以上に辛いのです。ドイツでは大晦日はパーティーパーティーです。クリスマスは家族や親戚で集まって、日本のお正月のような和やかな特別感がありますが、大晦日は、友達と大騒ぎしてカウントダウンの瞬間は結構な量の花火でお祝いです。そして、シャンペンで乾杯。カップルはハグやキス。これまで何度も友達や親戚と年末年始をドイツで過ごして、この瞬間がとても辛いことを実感してきました。

また新しい一年と立ち向かうんだ。夫はいないのに。というのを究極に実感するのです。2番目、3番目に私にハグしにきてくれる親戚や友達。私は誰の1番でもないことをまた実感するこの瞬間。

これを味わいたくなくて、なんと今回は、子供達と田舎のホテルで3日間過ごしてきました!子供達も喜びそうなリゾート地を選んで、こじんまりしたホテルで部屋でくつろいでいたら、いつの間にかカウントダウンが終わっていた、という、とても穏やかな年明けでした。ホテルのレストランで朝食夕食がついている、というプランを選んだのですが、田舎のホテルなのに、すごくお料理が美味しくて、特に大晦日の特別メニューは素晴らしかったです。田舎らしく、老人の団体や、中年夫婦はいたけど、他に若い夫婦や家族連れがいなかったことも、落ち着けました。

2020年は穏やかでいい一年になりますように。

趣味のダンスについても、いろいろ書きたいことが溜まっています。今年はもう少し頻繁に書き綴っていけたらいいなと思います。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。