シンママの責任

は大きい。いくら友達がいても、おじいちゃんおばあちゃんがいても、子供のいろいろな決定権は全て私にのしかかってくる。

子供の学校の保護者会だった。ドイツの高等教育システムは複雑だ。学校の成績は態度は本人が頑張るしかないが、方向性や可能性を導くのは保護者の役目だと思っている。

外国人なのに。ドイツ語も苦労してるのに。子供達にアドバイスし、導いていく責任がある。

夫婦で参加し、一緒に語りながら帰途につく保護者を横目に、久しぶりに胸がツンと痛くなった。

シングルペアレントって大変だ。肉体的にだけじゃなくて、責任感を全て負うことに、時々ふっと怖くなる。

間違っていたらどうしよう。私の子育て、あってるのかな。夫が恋しい。

投稿者: shibetsusingle

イギリスで30代で未亡人になり、その後、夫の故郷のドイツに移住。4人の子供を育てる死別シングルママです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です