幼稚園の父親デー

末っ子の通う幼稚園で「父親デー」があると言う。パパが数時間幼稚園に滞在して一緒に子供と時間を過ごし、工作をしたり園庭で遊んだりする日らしい。

ドイツの幼稚園はいいところがいっぱいあるなぁと思っている。クラスは縦割りで、2歳から6歳までが一クラスだ。同じ学年の子供はクラスに5、6人しかいない。でも、毎年下の子が同じクラスに入ってくるので、自然と役割ができたり、年の違う子たちと常に接するよさもあるらしい。年長さんは週に1回簡単な算数のゲームのような日があるが、基本的にドイツの幼稚園では読み書きを教えたりすることは一切ない。完全に遊びだ。自由な時間も多いし、子供がのびのびできると思う。

さて、父親デー。どうしたものか、と思う。色々時間をやりくりすることが可能なドイツだから、ほとんどのパパが仕事を調整して幼稚園に来るだろうな、と思う。

クラスの先生に、「誰かお友達とかでも来れる人がいたらぜひ」と、気を使ったように言われたが、どうだろう。

いつか書いた私のことを好きかもしれない夫の同級生の独身男性は、きっと頼んだらすぐ来てくれるだろう。でも、嫌だな、と思う。彼には頼みたくないなと思う。

誰も来れなくてごめんね、と言おうか。まだ小さいし、実はそれほど子供は気にしていないかもしれない。

2日ほど悩んだが、義弟に頼むことにした。そこまで近くに住んでないし、忙しい仕事をしているので、頼むのが憚れたが、ドイツ式で、「言ってみる価値はある、ダメ元」で頼んだら、本当にあっさりいいよと言ってくれた!

末っ子は楽しい時間を義弟(叔父さん)と過ごしたらしい。義弟も、もう自分の子供が大きいので、久しぶりに小さい子たちと遊んで楽しかった、と言ってくれた。ありがたいことだ。

夏休みまであとわずか。4人の子供達、2つの学校と幼稚園。それぞれ学年末のイベントが盛りだくさんだ。まだまだ胸がキリリと痛む瞬間は多いけど、できるだけ楽しんで参加しようと思う。

投稿者: shibetsusingle

イギリスで30代で未亡人になり、その後、夫の故郷のドイツに移住。4人の子供を育てる死別シングルママです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です