暑いと授業はナシ!Hitzefrei ?!

この数日、日本のような暑さが続いている。ドイツで35度なんて、異常気象だ。

一般家庭にクーラーなどないドイツ。真夏日なんて年間を通しても数日から10日程度のことだろうし、煉瓦造りで機能的に作られているドイツの家は、割と快適だ。それぞれの窓についているシャッターを降ろして、窓を開ければ、家の中の温度がそれほど上がることはない。それでも、大きなスーパーやオフィスにはクーラーがあるが、幼稚園や学校にはクーラーはない。

子供達の通う学校からHitzefreiのお知らせが来た。ヒッツェフライ。直訳すれば、「熱休み」とでも言おうか。なんでも、30度を超えるような夏日は、子供達の身体の負担も大きいし、集中力も無くなるので、授業は短縮されて、早めに家に帰ることになります、というお知らせだ。子供はプールでも行って遊びましょう、ということらしい。

もともと、ドイツの学校は授業時間が短く、朝は早く始まるが、13時には授業が終わり、家でお昼ご飯を食べて、自分で宿題や自習をするスタイルだ。それでも、高学年になると午後の授業があったり、宿題がない代わりに午後15時くらいまで授業があるスタイルの学校も増えてきた。

もちろん、働く親のために、放課後クラブのようなものはあるが。

子供の小学校は今週は11時35分でおしまい、宿題もないという。この「熱休み」を日本でやったら、数ヶ月授業が短縮されて大変なことになるな。

娘はピアノとバレエをやっているが、「暑いから今日は来ません」というお友達がかなりいてびっくりした。室内だし、送り迎えはするし、月謝も払っているのだし、私は子供を連れて行くが、厳しい日本人ママだなと思われているのだろうか?

周りのドイツ人はバテバテだが、この暑さも、日本のようで懐かしい。去年は夏に日本に帰ったけど、今年は帰る予定がないから、私はこの暑さを日本だと思って懐かしもう。帰りたいな。

幼稚園の父親デー

末っ子の通う幼稚園で「父親デー」があると言う。パパが数時間幼稚園に滞在して一緒に子供と時間を過ごし、工作をしたり園庭で遊んだりする日らしい。

ドイツの幼稚園はいいところがいっぱいあるなぁと思っている。クラスは縦割りで、2歳から6歳までが一クラスだ。同じ学年の子供はクラスに5、6人しかいない。でも、毎年下の子が同じクラスに入ってくるので、自然と役割ができたり、年の違う子たちと常に接するよさもあるらしい。年長さんは週に1回簡単な算数のゲームのような日があるが、基本的にドイツの幼稚園では読み書きを教えたりすることは一切ない。完全に遊びだ。自由な時間も多いし、子供がのびのびできると思う。

さて、父親デー。どうしたものか、と思う。色々時間をやりくりすることが可能なドイツだから、ほとんどのパパが仕事を調整して幼稚園に来るだろうな、と思う。

クラスの先生に、「誰かお友達とかでも来れる人がいたらぜひ」と、気を使ったように言われたが、どうだろう。

いつか書いた私のことを好きかもしれない夫の同級生の独身男性は、きっと頼んだらすぐ来てくれるだろう。でも、嫌だな、と思う。彼には頼みたくないなと思う。

誰も来れなくてごめんね、と言おうか。まだ小さいし、実はそれほど子供は気にしていないかもしれない。

2日ほど悩んだが、義弟に頼むことにした。そこまで近くに住んでないし、忙しい仕事をしているので、頼むのが憚れたが、ドイツ式で、「言ってみる価値はある、ダメ元」で頼んだら、本当にあっさりいいよと言ってくれた!

末っ子は楽しい時間を義弟(叔父さん)と過ごしたらしい。義弟も、もう自分の子供が大きいので、久しぶりに小さい子たちと遊んで楽しかった、と言ってくれた。ありがたいことだ。

夏休みまであとわずか。4人の子供達、2つの学校と幼稚園。それぞれ学年末のイベントが盛りだくさんだ。まだまだ胸がキリリと痛む瞬間は多いけど、できるだけ楽しんで参加しようと思う。

魚の目が痛すぎて

ひどい痛みに悩まされている。昨日から大きな魚の目が足の裏にできてしまって、じっとしていても鈍痛があるほどだ。今日もまた祝日で、薬局にも皮膚科にもいけなかったけど明日は絶対に行こう。

自宅でできる痛みの緩和法とかご存知の方、教えていただけるとありがたいです。

魚の目ってドイツ語でなんていうのかな、と思って調べたら、Hühneraugen、鶏の目だそう。やっぱり目は目なんだな、とすんなり納得。

子供たちに痛い痛い、と私は痛みを言うばかりで、、祝日だというのに、今日は子供たちを家の中で割と放っておいてしまった。

夫は10代の頃に受けた膝の手術のこともあり、毎日毎晩、エクササイズを欠かさない人だった。私は怠け者で、運動音痴だし、基本的にだらけていると思う。調べたら、魚の目は歩き方や姿勢の悪さからも来ているようで、ちょっと反省。

あぁ、痛い。

夫に慰めてほしいな。弱くなるとやっぱりいつも以上に恋しくなる。

電車で国内旅行

ドイツの5月6月は連休だらけだ。イースターのあとの、カトリックの祝日が続くからだ。3連休や4連休が続くので、思いきって子供達と国内旅行に行ってきた。

車でもよかったのだろうけど、私はまだまだドイツの高速道路が苦手だ。だって、本当に制限速度がないのだ。追い越しレーンでは本当に時速200キロ超えの車がブイブイいわせている。(こんな表現、もうしないのかな?笑)

渋滞や駐車のことも不安だったし、我が家の子供達は公共交通機関を使うことにも慣れているので、電車で3時間以内で行ける観光都市を選んだ。宿泊先はホテルだ。これが、なかなか、簡単ではない。今やみんなネットでホテル予約するのだろうけど、大人1人で子供4人という選択ができるサイトは少ない。結局、ドイツ人の友達にホテルに直接電話をしてもらって、ファミリールームを予約することができた。

宅配便もないドイツ。荷物は全て自分で運ばなければいけない。まだまだオムツも必要だし、天候だって、暑くなったり肌寒くなったり、なかなか読めないのがヨーロッパ。荷造りも色々工夫して、長女と長男にはリュックを持たせた。簡単にたためる小ぶりのベビーカーも必要だ。

電車の席も予約した。電車自体の代金は子供は無料、もしくは格安だけど、席を予約すると、一人につき8ユーロかかる。それでも、席取り合戦になりたくないので、往復とも4席予約した。末っ子は私の膝の上だ。

色々シミュレーションしていったので、割とスムーズな旅行になった。メインのイベントを大きな体験型博物館にしたのが良かった。天候にも左右されないし、ホテルも、この博物館に直結しているものを選んだので、ストレスが少なかった。

シングルで外国人で、辛いかな、と思ったけど、夫のいない寂しさよりも、子供達とちょっとした冒険をこなしているという満足感の方が大きかったような気がする。ちょっと遅めの夕食に、路面バスを乗り継いで、見た目の感じのよかったギリシア料理のレストランを選んだ。ギリシア料理など食べることが初めての子供達。夕食にレストランに行くことが初めての末っ子。みんな、この非日常を楽しんだ。

ママ、ありがとう!と何度となく、子供達に言ってもらった。満足で幸せだった。

私こそ、ありがとう。いつもは喧嘩も多いのに、私を気遣って、荷物を持ってくれたり、下の子供たちを面倒見てくれて、長男、長女、ありがとう。こんな時間がもっとこれから増えていくといいな。パパ、子供たちは頑張ってるよ。私も頑張ってるよ。見守っていてね。

助かる人もいるのに

前の記事で書いた友人のご主人のお葬式も無事に終わったそうだが、私は遠すぎて行くことが出来なかったことが無念だ。ずっと彼女のことを考えていてブログの更新も怠っていた。

さっきドイツ人友達に会ってお茶をした。彼女の友人が健康診断で心臓の欠陥を発見され緊急手術して、無事に回復しているという。素晴らしいことだ。

だけど。

人間ドックも健康診断も受けていた私の夫はあっけなく死んだ。友人のご主人も急死した。

助かる人もいるのに。

全く不公平で不条理だ。

今夜も眠れそうにない。