若年未亡人若年死別者の割合

http://shibetu.strikingly.com/

これを見てもらえば、分かるのだが、私のように30代で死別する人は割合でいうと本当に少ない。1万人に4人とかだ。当然、私の周りの知人友人で、若年未亡人はいない。

死別者の集まりに行って、ほとんどが60代以上の人で、浮いてしまったことは以前にも書いたが、とにかく、私は死別して以来、若年未亡人と個人的に話したことは一度もない。一方的にブログや本を読んで共感させてもらっているだけだ。

こんなに稀有で、死別という暗い経験をしている存在だから、普通の人から見たら扱いにくい厄介な存在かもしれないな、と思うことがある。離婚経験者のシングルマザーとシンママならではの悩みを相談し合うことは多いが、やっぱり、死別者と離婚者では、私たちママと子供の傷に少し違いがあって、うまく噛み合わない部分もある。

じゃあ、どうしたいのか?結局、自分の傷は自分で癒すしかないのかなと思う。完全には治ることはない、大きな傷。とりあえず、自分の生活で、小さな目標を立てていこうと思った。ちょっと頑張れば叶えられそうなくらいの目標だ。子供たちとちょっとだけ遠出する、とか、一人でカフェに行く、とか、義父母に子供を任せて、友達と飲みに出かける、とか。

友達が、旦那の不満を言う。みんな私に気を遣ってくれているのだろう、一対一で会っている時に、私に旦那さんの不満を言う友達はほとんどいないけど、グループで会っていると、そういう話も出てくる。子育ての方針の違いとか、ちょっとした誤解から喧嘩になったこととか、旅行先でのちょっとしたハプニングから大げんかになった話とか。何事もないような顔をして、でも、発言することなく平然と聞いて、心で泣く。本当に、心って痛くなるんだな、と実感する。

みんな、いつか旦那さんと死別するか、自分が先に死んじゃうんだよ。私のように、なんの前触れもなく、突然かもしれないんだよ。

心の中で思う。こんな気持ち誰にも味わって欲しくない。でも、私の心をわかってもらうために、味わって欲しいような悪魔の気持ちも一瞬芽生える。恐ろしい。死別しないと分かんないだ。喪主になって、人生ぽんと放り出されないと、分かんないんだ。私の心をわかってくれる人は周りにいない。

だから、ブログや本を読み漁る。これも私にとっては癒しの一つだ。

投稿者: shibetsusingle

イギリスで30代で未亡人になり、その後、夫の故郷のドイツに移住。4人の子供を育てる死別シングルママです。

「若年未亡人若年死別者の割合」への2件のフィードバック

  1. はじめまして、若年で夫を亡くす人はそんなに居ないのですね。少ないだろうとは考えていたのですが、、、
    私は20代で夫を亡くしました。子供が二人赤ちゃんでした。二人とも成人したのでかなり前です。
    あの頃は毎日がとても苦しかった。友達が慰めてくれても貴女と同じ事を考えてました。周りに夫との若年死別体験者は皆無でした。
    心が痛すぎて鬼のように皆が私と同じ経験すれば本当にわかるだろうと思ってました。
    そして、ネットが普通では無かった頃なので心理学の本ばかり読んでました。どうしたら心の痛みが軽くなるのかわからなくて。でも書いてなかった。
    あれからかなりの時間が過ぎ、ネットで知り合った若年未亡人の皆さんやリアルの生活で知り合った未亡人の皆さんと話すようになりました。あの苦しかった若い頃の私のような人がたくさんいました。その方達が少しでも楽になれるように体験を話すようにしています。
    そんな事でしか励ませないのですが、ここにもいるわよ。と。
    死別でも亡くなるまでそれぞれ事情が違っていますが、とにかく、書かれているように小さな目標を持つことは大切です。
    頑張り過ぎないで毎日ご自身を褒めてください。
    もう、若年ではない私ですが少しずつでもあなたの心が癒される日が来るようにと願っています。そして、その日は必ずやってきます。

  2. chikoさま
    コメントありがとうございます。とても励まされました。心理学には私も興味があります。どうしようもなく怒りが湧いたり、落ち込んでドン底のときに、子どもにあたったり、やけ食いしたりしがちなのですが、もう少しうまく自分のネガティブさと向き合いたいです。
    「ここにもいるわよ」といわれ、私のようにchikoさまから励まされている人が多いことでしょう。嬉しかったです。
    少しずつ頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です