泥棒にやられた 前編

夫が亡くなって3ヶ月になろうとする頃、イギリスの学校でハーフタームと呼ばれる、学期の半ばのお休みの時期がやってきた。気分転換にもなるし、私も安定期だったし、飛行機に乗ってみんなでドイツの義理の両親の家に行くことにした。夫がいないのに、ドイツ語もできないのに、身重で子供達3人を連れてドイツまで行くのは無謀な気もしたが、空港も遠くないし、飛行機も1時間程度だし、夫が亡くなってからというもの、義理の家族との距離が縮まったのを実感していたから、子供達にとってもいい休みになるだろうと思った。

出発は月曜日だ。その直前の金曜日に、長女の小学校で劇の発表会があった。長女も役がちゃんとある。下の子供たち2人と歩いて小学校に行って、劇を楽しんで、長女も一緒にみんなで歩いて家に戻った。その頃には、もう日が落ちていた。

イギリスの家は古い家が多い。我が家も然り。緑色の古い玄関のドアを開けると、入ってすぐのゲストルームが散らかりまくっているのが目に入った。一瞬だけ、え?地震?と頭をよぎったが、ここはイギリス。地震はないはず。そして、リビングに入ってびっくり。荒らされまくっている。ソファもクッションも床に落ち、ありとあらゆる引き出しは開けっ放し、急いでキッチンに向かうと、キッチンのドアが壊されて半開きに。

間違いなく泥棒が入ったのだ。

5歳の末っ子は金切り声で泣き出し、10歳と7歳の子供たちも怒り泣き出した。

私はすぐに、自分の寝室に向かった。家の中で一番価値があるもの、私にとって一番大切なもの、夫が私にくれた婚約指輪と、夫の結婚指輪を探しに行った。

が。なかった。この時点で私は床に座り込み泣き出してしまった。そして、警察に電話。2ヶ月半前に夫が急死したこと、小さい子供たちが3人いて、私は妊婦であること、一番大切な婚約指輪と夫の残した夫の遺品でもある結婚指輪がなくなっていることを伝えた。

警察は5分以内で来てくれた。友達夫婦にも電話。二組の夫婦が来てくれた。

続きはまた明日書きたいと思う。

投稿者: shibetsusingle

イギリスで30代で未亡人になり、その後、夫の故郷のドイツに移住。4人の子供を育てる死別シングルママです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です