突然死だったため解剖されることに

夫はイギリスで健康診断を、そして日本でも2年に1度くらいの間隔で人間ドックを受けていた。それなのに、突然死してしまった。太っていなかったしお酒も人並み程度しか飲まなかった。

夫の心臓が取り出されて検査されることになった。ここで私の意思は聞かれなかったように記憶している。子どもに遺伝する可能性もあるから、大きな心臓専門の機関で検査するとのことだった。

わたしは笑顔の死に顔の夫の身体にメスが入ることに抵抗を覚えた。「綺麗に縫ってくれますか?」と聞いた。ちゃんと綺麗にします。と答えてくれた。

数日後検査結果が出た。

死因は左心室肥大。

遺伝子の突然変異か何かが起こって心臓に異常をきたし、あっという間に逝ってしまったのだ。

死因が分かっても夫は帰ってこない。心電図では分からなかったけど超音波を取っていたら異常に気づけたらしい。でも健康だったからそんなことしてなかった。

後悔しても恨んでも夫は帰ってこない。

投稿者: shibetsusingle

イギリスで30代で未亡人になり、その後、夫の故郷のドイツに移住。4人の子供を育てる死別シングルママです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です