移民局に行く

私たちは日本人とドイツ人夫婦だったけど、結婚と同時にイギリスに来て、子供達3人も全員イギリスで産まれた。すっかりイギリスに溶け込んでいるつもりだったけど、知人に思いがけない一言をもらい焦った。

「このままイギリスに住むことができるか、ビザの状況を確認したほうがいいのではないか?」

私にはもう永住権があった。それなのに、なんでそんな必要があるっていうんだろう?

念には念をいれるために、私はおそるおそる移民局へ向かった。

まだ30代、イギリスでは特に若く見えただろう妊婦の私が夫の死亡証明書を持って質問に行ったのだ。

今後至る所で説明しなくてはいけないこの状況をまるで他人事のように、泣かないように伝えた。

「かわいそうに」と同情されずいぶん待たされた。

結果:このまま居住して良し

ということになった。ほっとしたけど、私たち家族はやっぱり外国人なんだと寂しく実感した。

投稿者: shibetsusingle

イギリスで30代で未亡人になり、その後、夫の故郷のドイツに移住。4人の子供を育てる死別シングルママです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です