子供たちと一緒に夫の遺体と対面したときのこと

イギリスの中でもかなり大きな部類に入る総合病院で夫は亡くなり、その病院の地下にある遺体安置室にしばらく眠ることになった。

その前に夫のポケットから鍵やお財布などの所持品と、ずっと身につけていた結婚指輪が私に渡された。このときの感覚や気持ちも、もう覚えてない。パニックを通り越していた。

翌日朝、子供たちに多くを告げずに、友人にも付き添ってもらって、病院の遺体安置室に行くことになった。パパが家に帰って来ていないこと、私が泣き腫らしていたことは明らかだが、5歳と2歳の子供達は、何を想像していただろう。10歳のお姉ちゃんには先に伝えておいた。理解に苦しみ、静かに泣きだしたのを、私は言葉にならない思いで見つめ、一緒に泣くしかなかった。

遺体安置室に入る直前に、「パパは急に心臓が止まって死んでしまったの」と伝えた。「天国に先に行っちゃったんだよ」と。

冷たい冷蔵庫に入れられてても、奇跡が起きて生き返るんじゃないか、とかすかに思っていた。でも、夫の顔を見たら、悲しいというより、夫があまりにも、穏やかでハッピーな顔をして、笑っているように見えたので、「See you later. お先にね」って言われてるようにしか思えなくなった。 本当に、幸せな顔をしてたのだ。5歳の長男が「パパがいないから、もうキャンプに行けない」って最初の一言を発した。「もうすぐクリスマスなのに、パパはクリスマスを祝えない」とも言った。一緒にいた友人が、「きっと天国で大きなパーティーをしてるよ」となんとか答えた。2歳の娘は「ここが天国?この部屋が天国なんだね?」と言った。そのくらい不思議な奇妙な穏やかさもあった。もちろん、泣いたし、悲しいし、それは当然だけど、同時に、夫が人生を駆け足で進んでしまった完結感とも感じられるものもあった。

私は、夫に誓った。絶対にこの子供達3人と、お腹の赤ちゃん、4人の子育てをしっかりやるから、と。夫が誇りに思ってくれるように頑張るから、と。

私は強くなるしかなかった。

投稿者: shibetsusingle

イギリスで30代で未亡人になり、その後、夫の故郷のドイツに移住。4人の子供を育てる死別シングルママです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です