マスクを縫う。とりあえず5枚

月曜からマスク着用が義務化になるということで、マスクを縫うことにした。そして、月曜からはお店が全て営業再開になるという。感染者数がぐっと増えれば、また閉鎖の可能性は十分あるが、とりあえず、感染者数が抑えられるように、少しでも日常生活が戻ってくるように、そのためにも、とにかく全員マスク着用ということになったようだ。お店の中、バスや電車など、そして市役所などでも着用が義務になるという。ドイツ人は決まりごとが好きだし、決まってしまえば、ちゃんと従う人が多いので、きっと定着すると思う。でも、もう日が長いし、サングラスの季節でもある。サングラスにマスクじゃ、本当、ちょっと怖いな、誰がだれかわからないな、という危惧は私にさえある。そういう意味ではマスク義務化に、不満を唱える人もいることはいるが、店内では、マスクをつけてサングラスを外し、外に出たら、マスクを外してサングラスをつければいいのだから、まぁなんとかなるだろう。

我が家も最低10枚は作らないといけない。洗濯を考えて一人2枚だ。とりあえず、まだ医療用のマスクが残っているので、時間はあるのだけど、友達から、YouTubeでいい作り方を教えてもらったので、今日作り始めることに決めた。

2枚がさねで、ひだがついて、ゴムを通すところに別布をつけるやり方だ。家に余っていたIKEAで買った春らしいピンク系のストライプの布と、淡いブルーのギンガムチェックのハンカチで、とりあえず私と娘3人分を作った。途中、20年以上使っているミシンが壊れ、どうしようもなくなって、途中からは全て手縫いで。息子は、グレー系の布がいいと言っていたけど、うちには麻のグレーしかなく、なんだかゴワゴワするし、古くなったトレーナーは、少し生地が分厚すぎるし、結局、小さくなったブラックのチノパンを活用することに。黒いゴムがないなぁ、ヘア用だと痛いしなぁと思っていたら、友達が、タイツで作るゴムのサイトを送ってくれた。私の古い黒いタイツを切ったらあっという間にゴムになった。手縫いは面倒だったけど、やり始めたらハマるタイプなので、5枚作るのは全く苦ではなかった。

ミシンを修理に出して、残り5枚作るか、修理は後回しにして、手縫いでもう5枚作るか。とりあえず、5月4日の学校再開までには完成させないといけない。

今日は一回も外に出なかった。ほとんど動かず、リビングのソファで過ごした。庭に出たのは、夕方の水やりの時だけ。家庭菜園の畑からは、ラディッシュとレタスとグリーンピースの芽が順調に育ってきている。庭の水仙ももう終わってきたし、明日は芝刈りをして、少し庭仕事に励もうと思う。明日はマスク作りはお休みだ。

投稿者: shibetsusingle

イギリスで30代で未亡人になり、その後、夫の故郷のドイツに移住。4人の子供を育てる死別シングルママです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です